美容整形事情

美容整形というと女性の悩みを中心とした女性の為のものと思われがちですが、近年は男性専用の美容整形外科クリニックも急増してきました。
現在では、男性も美しさ・かっこよさを追求するのは当然になりつつあります。
美を求めるということを、女性だけでなく男性も見直しているということでしょうか。

アメリカの職場では、容姿が重要視されることもあって、アメリカでは男性の美容整形が流行してるそうです。
そのアメリカでは、男性の美容整形手術件数は2000~05年で16%増加。乳房縮小や胸部などの脂肪吸引、唇やまぶたへの施術が上位を占めています。

乳房縮小や胸部などの脂肪吸引が上位を占める背景は、アメリカでは社会問題にもなった肥満がやはり原因でしょう。
余談ですが、英語圏では、太り過ぎによって胸が女性のようにでている中年男性に対して“moob”と呼び、かなり評判が悪いらしいです。
“moob”は、女性の乳房を意味するboobの先頭のbをmに置き換えた造語で、このmは、男性(male/man)を意味しています。

男性の診療内容は「顔の悩み(目、鼻、口)」「体の悩み(脂肪、ワキガ)」「肌の悩み(ニキビ、スキンケア)」といったように、女性と変わりありません。

ただ、男性特有の悩みである「男性器の悩み(インポテンツ、包茎)」に関する治療を受けられることができるのが大きな特徴でしょう。

そんな男性特有の悩みをもった方が悩みを自信に変えることができるようにと、現代の整形外科医も美容整形に対して、研究と努力が日々されています。

男性の美容整形を受ける年代も幅広く、清潔に、精悍に、そしてクールな男性になるためにこれからは男性も美容整形を受ける時代ということでしょうか。

News